当院の診療機器

診察ユニット

診察ユニットです。

こちらに座っていただき、問診、診察、処置を行います。

当院では電子カルテと、それに連動した画像ファイリングシステムを導入しています。

ビデオ内視鏡や診察用顕微鏡で耳、鼻、のどの画像を撮影した場合には、その画像をモニターで確認していただきながら分かりやすく病状を説明いたします。

ビデオ内視鏡システム

ビデオ内視鏡システムで鼻やのどをしっかりと観察することで、より正確な診断をくだすことができます。

先端外径が2.6mmの超細径ファイバースコープですので、挿入時の違和感が非常に軽くなっています。

リノライト

リノライトとは、アレルギー性鼻炎、花粉症の光線治療に用いる最新の医療機器です。

可視光線と紫外線の特殊な混合光を鼻にあてて、鼻粘膜のアレルギーを誘発する細胞の活動を抑え、鼻炎の症状をやわらげることができます。

くわしくはこちら

サージトロン

ellman社のサージトロンEMC(高周波ラジオ波メス)です。

鼻出血の止血や、アレルギー性鼻炎に対する鼻粘膜焼灼(しょうしゃく)術に用います。

鼓膜麻酔装置

イオン浸透方式による鼓膜麻酔装置です。

鼓膜切開術や鼓膜チューブ留置術などの痛みを取り除きます。

ネブライザー

ネブライザーとは、薬が含まれた蒸気を吸っていただいて炎症などの治療を行うために用いる機器です。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、扁桃炎や咽頭喉頭炎などに対して効果的です。

赤外線フレンツェル眼鏡

めまいになると眼振(がんしん)といわれる目のピクつきが出現します。

この眼振を観察するための赤外線カメラ付きゴーグルです。

聴力検査設備

聴力検査室の中に設置した防音室に入っていただいて、聞こえの検査をします。

2種類の装置を用いて、聞こえの検査や鼓膜の動きをみる検査をします。

いずれも電子カルテとつながっており、検査結果は電子カルテで確認することができます。

インフルエンザ検査機器

ミズホメディー社のクイックチェイサー Immuno Readerです。

高感度にインフルエンザ抗原を検知することができるので、発症初期の診断精度が格段に向上し、患者さんの再検査や再来院などの負担を軽減することができます。

処置用ファイバースコープ

魚の骨がのどの奥に刺さって口から取れないときには、この処置用ファイバースコープを鼻からのどの奥まで入れて、付属の鉗子でつまんで摘出します。

皆さまに愛される、親しみやすいクリニックを目指して頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

診療案内

診察時間






 8:30~12:00




14:30~18:00






 ※土曜日午後 13:30~16:00

日曜・祝日・木曜は休診

〒700-0086

岡山県岡山市北区津島西坂2-1-7

駐車場16台分あり

当院の地図はこちら

アンケートのお願い

当院に対する率直なご意見をお聞かせください。

アンケートはこちら